看護師のキャリアアップ資格なび

看護師のキャリアアップ資格なび

看護師が転職するとき、より有利な条件で転職したいと思っている人もいるでしょう。その場合には、看護師プラスアルファの資格を取得する方法があります。そうすれば、いろいろな仕事が任せられるので採用する方としてはメリットが期待できるわけです。

 

看護師が関連資格を取得するときに候補の一つに上がるのは、保健師です。保健師の資格を取得していると、病院の他にも地域包括支援センターのような行政組織で仕事もできるようになります。地域住民の健康や生活相談に乗って、専門家の観点からいろいろなアドバイスをするのが仕事です。

 

先ほど紹介した地域包括支援センターなどは、病院のように夜勤はありません。また原則として、土日や祝日は休みであることがほとんどです。このため、病院勤務のころと比較すると、規則正しく仕事ができます。結婚して子供ができた後でも、育児や家事との両立もしやすくなるので将来のことも考えて、保健師の資格を取得してみるのはいかがですか?

看護師だけでなく助産師の資格も持っていると、産婦人科系の求人情報に応募するときにかなり有力な武器になります。妊婦さんや出産を終えた女性の看護ケアは看護師の資格だけでも十分に対処できます。しかし実際に赤ちゃんの取り上げをするためには、助産師の資格がないといけません。

 

実は産科系の現状を見ていくと、産科医が不足している地域が非常に多いです。このため助産師に対する需要が、日本全国でかなりの高まりを見せています。ですから看護師資格以外にも助産師資格を持っていると、かなり採用の可能性が高まります。産科系の分野で今後活躍していきたいと思っているのであれば、助産師の資格を取得しましょう。

 

助産師の資格があると、今後独立できる可能性も期待できます。というのも、助産師の資格があれば助産院を開業することも可能だからです。助産院を持てば、自分のペースで仕事ができますし、何といっても自分の城を持てるのは何よりも魅力的ではありませんか?

看護師は医療の世界だけでなく、さまざまな世界で活躍することも可能です。その中でも今後ますます看護師の需要が高まってくると予想されている分野に、介護の分野があります。高齢化社会がますます進むことが予想されているので、その必要性は高まりを見せています。もし介護の世界で働くことに興味を持っているのであれば、介護関係の資格を取得しておきましょう。

 

介護関係の資格の中でも、ケアマネジャーはおすすめです。介護保険法にのっとってケアプランを作成します。そしてそのプランを実施するために、ほかの介護サービス業者とも連携していきます。介護サービスを提供するにあたって、司令塔のような役割を果たします。

 

ケアマネジャーとしても活躍するのであれば、今まで病院で仕事をしてきた人にとってはデスクワークの仕事のウエイトが増えると思ってください。パソコンを使った作業なども必要になるので、今まであまりパソコンをいじったことのない人は、最低限のスキルも身に着けておきましょう。

知識や見聞を広げることで、より深みのある看護師になりたいと思っているのであれば、医療関係の資格はたくさんあります。こちらを取得してみるといいでしょう。最近では医療系の資格も細分化されていて、心理カウンセラーやメディカルトレーナー、生活習慣予防士のような資格があります。具体的に今後進むべき道の決まっている人は、その方面で役立ちそうな資格取得を検討しましょう。

 

また患者のメンタル面でのケアをすることも大事です。その意味ではメンタル関係の資格を持っているのも、転職活動をするにあたってアピール力が期待できます。アロマセラピストやカラーコーディネーターの資格を持っていると、患者の気分のリフレッシュなどの期待ができます。

 

このように看護師に関係あるけれども、医療の世界とはまた違った知識を身につけるのは、感性や視野を広げるのに効果的です。資格を将来的に取得したいのであれば、資格取得に協力的な医療機関かどうかも確認しておくべきです。

看護師の中には、キャリアアップを希望して転職したいと思っている人もいるでしょう。キャリアアップを希望するのであれば、認定看護師・専門看護師の資格取得を目指してみるのも一つの方法です。認定看護師・専門看護師は特定の分野において、高い専門的な知識やスキルを持っている看護師を対象に与えられる上位資格です。

 

認定看護師・専門看護師の資格を保有していると、通常の看護業務の他にも現場の責任者としての役割も求められます。後輩看護師の指導や教育、悩んでいる看護師がいれば相談に乗るなど、さまざまな役割が期待されます。認定看護師・専門看護師の資格を持っていると指導者的な役割が期待できるので、そのような人材を求める医療機関の採用の可能性も期待できます。

 

ただし認定看護師・専門看護師になるためには、専門の研修を受ける必要があります。しばらくの間は仕事に出られない可能性があるので、その間の生活費や教育費をどうするかなども慎重に検討を加える必要があります。